加圧トレーニングで成長ホルモン増加

加圧トレーニングで成長ホルモン増加

成長ホルモンを増やすことだけで痩せることはありません。さらに、成長ホルモンが筋肉増加の大きな助けとなるんです。

有酸素運動などの筋肉トレーニングや、正確な食事管理、生活習慣の改善など、総合的に思ってダイエットは成功するものなんです。アスリートではない一般の人たちとりましては、負荷のかかってない、そうして筋肉の損傷が多くないトレーニング方法では、更々筋肉は増量しなくなったのです。

加圧トレーニングは、成長ホルモンは増えますが、筋肉をいじめるみたいな運動(大きな負荷)がないです。筋トレで、筋肉に大きな負荷がかかってしまうと細胞単位で傷ができ、その傷を修復するときに、筋肉の繊維が以前よりも太くなるのでしょう。

加圧トレーニングをぜんぶ否定するのでではなく、ダイエットのための筋力トレーニングは100%加圧トレーニングに頼らないで、3〜4回に1度くらいの割合で行いましょう。たまに楽をするという程度で加圧トレーニングを取り入れると、ダイエットを一生懸命継続することの方が出来ると思う。

筋肉は、重力以上の負荷をかけることにより増える性質を持っているのです。加圧トレーニングは、スポーツ選手やアスリートみたいに、持久力がある(乳酸耐性のある)筋肉をつけることにはもっとも効果的だと言い聞かされます。

この繰り返しで、トレーニングを積み重ねることによりましてのみ、些かずつ筋肉の量が増加していくのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ